誰になんと言われようとも、やっぱり私は一生セダン派です。

若い頃からセダン好きでした。
私の家の車も、セダンではなくハッチバックでしたので、車を買える年齢になったら、絶対にセダン!と決めていました。
実際免許を取得できる年齢になり、私の友達が買ったのはクーペやハッチバックのスポーティーな車ばかりでした。
でも、私は幼い頃乗せてもらった叔父のセダンのかっこよさがどうしても忘れられず、最初の車からセダンを選びました。
一生懸命バイトをし、やっとの思いで手に入れた私のセダンを初めて見た両親は「結婚でもするのか?」と目を丸くし、妹からは「ジジくさい・・・」と目を背けられ、友達からは「個人タクシーでもやるの?」と驚かせてしまいましたが、念願のセダンを手に入れた私は満足感でいっぱいでした。

 

最初の車はホンダのインテグラ。
ハッチバックがメインの車であったのにも関わらず、私の車は4ドアセダンタイプでした。
次に乗った車は、アウディの80。
外車ですからそこそこ高価で、同じお金を出せばいくらでも国産のカッコイイクーペなどが買えたにも関わらず、やはりセダンを選びました。
この二台は中古だったのですが、次にいよいよ新車を買うことになりました。

 

そして選んだのがこれまた、セドリックのセダン。
「普通ハードトップを買うんじゃないの?公用車みたい・・・」とまたまた周囲を呆れさせることになりましたが、やはりセダンの魅力は大きかったです。
そのように家族や友人からは多少冷ややかな目で見られてしまったのですが、
実はそのセダンで一番快適なリヤシートを占有し嬉しそうにしていたのは、
他ならぬ私を馬鹿にした彼らだったのです。
子供の頃からの憧れだったというのも大きいのですが、
実はセダンタイプの車にはいろいろとメリットがあります。
乗り降りのしやすさ、快適な車内はもちろん、
車として実に基本的な構造となっているため、その剛性をはじめ
とても安心感があり、実際安全面でも優れているのです。
フォーマルな雰囲気は、普段使いから、
仕事でお得意先に乗っていくときも胸を張れますし、
冠婚葬祭などの場でも恥ずかしい思いをすることは決してありません。

 

そして同乗者のためを思うその気持ちを表すのにセダン以上の車はないと思います。
最近ではセダンはあまり人気がなく、選べる車種も少なくなってきてしまいましたが、
やはり私は長年親しんだ、憧れのセダンを乗り継いでいきたいと思っています。
昔のようにセダンの人気がまた復活して、
多くの車種が発売される日が来るのを願ってやみません。

 

P.S.

第1話から見逃してしまった『明日の約束』でも見てセダン復活の日を待ちわびようと思います。

【その他のおすすめドラマの見逃し配信動画】

https://doramajo-kabota.com/

P.P.S.

妻にプレゼントしたいエミューの雫の口コミはこちら。

輸入車を比較検討して、フォルクスワーゲンパサートを購入して満足

なんで日本の車って、ガンダムみたいなごっつい顔とフォルムをした車か、若ママが乗るようなワンボックスタイプの車か、とにかくたくさん人間が乗れればいいというワゴン車みたいな車しかないんでしょうか(偏見です)。
私のような家族は妻と2人だけで、別にアウトドアの趣味でもなく、いやらしい言い方ですがそれなりの可処分所得があって、人からは上品な人に見られたい、という見栄を持っている人間にとって、日本の車で乗りたいものが見つかりません。
それでずっとフォルクスワーゲンのゴルフに乗っていましたが、ちょっと会社で偉くなって収入が増えたので、ゴルフでは少し物足りなくなって、上位車種のセダンを探そうと思いました。(大きなワゴン車なんてもってのほかです)

 

一応念のため、日本車も考えましたが、日本の自動車メーカーの人には悪いんですが、乗りたいような上質な感じのする車がないんですよね。
真っ先に候補に挙がるのがレクサスでしょうが、この車に私は偏見を持っていて、それは土建屋の社長の車、ということなんですが、その偏見があるので候補から外しました。
ほかの日本車も一応はカタログを取り寄せてみましたが、ピンときませんでした。
それでやはり輸入車だろうということで、本体価格が400万円から500万円の予算で、輸入車のセダンをピックアップし、カタログを取り寄せ、これと思うものにはディーラーに行って試乗をしました。

 

乗った車としては、メルセデスベンツC200、アウディA3、フォルクスワーゲンパサートなどです。
BMWは顔があまり好きではないのと、知り合いの自分が嫌いな人が乗っているので外しました。
その市場の結果ともろもろの条件を総合的に判断して購入したのが、フォルクスワーゲンパサートです。
本体価格400万、総額450万です。
実は最後までベンツのC200と比較しましたが、同じような装備をオプションで付けるとベンツはパサートに対して200万円くらい価格がアップするので(さすがベンツ)断念しました。
(購入した後CLAが出て、もう少し安いので、これを待てばよかったかなという気も少しはあります)。

 

それで納車されてパサートオーナーになった気分は非常に上々です。
どうしても前乗っていたゴルフと比べてしまいますが、やはり社内のインテリアの上質さや、走りのスムーズさなどでゴルフよりもワンランク上のセダンです。
加えて、外観もベンツに負けない高級感と上品さで、私の見栄を十分に満足させてくれます。
フォルクスワーゲンパサートを購入してよかったと思います。

家族とともに走れる喜びを感じることができる、セダンライフ

私の愛車はトヨタのSAIです。
もともと車には対して興味がなかった私。
むしろ運転というものは時間がとられる割に自分の好きなことができないので否定的な印象でした。
その一方で、毎日の通勤や週末の家族との外出で必要になる車。
特にこだわりもなく車を購入し特にこだわりもなく運転していました。
乗っていた以前の車も廃車寸前まで使用しても特に買い替えたいとも思いませんでした。
今回新しく車を購入したのも、前の車が廃車寸前でメンテナンス費用が異常にかかるという効率の悪さからしょうがなくといった感じでした。
購入にあたっても特に車にこだわりのなかった私。
正直屋根と冷暖房がついて入れば何でもといった感じでした。
そんな中、知り合いからトヨタのSAIは乗りご心地が全然違うと聞きました。
試乗してみると確かに快適な運転。
前の車がとても古かったということを差し引いてもその快適さは素晴らしかったです。
ディーラーの値引きもあり、乗り心地の良さに家族が喜んでくれるならとSAIを購入しました。

私は購入前は、家族がいるしワゴンタイプの車にしようかという利便性重視の考え方でした。
しかしいざ購入してみるとセダンタイプはやはり良いものです。
これは私の価値観でしかないですが、セダンタイプの車は非常にフォーマルな印象を与え様々なシチュエーションに溶け込んでくれます。
平日の仕事ではスーツを着た自分をできるビジネスマンとして気持ちを高めてくれるます。
休日、たまに妻とデートに行くときならしゃれたレストランの駐車場で優雅に私達を待っていてくれます。
親戚の冠婚葬祭でもセダンなら礼服のまま乗り込んでも様になるでしょう。
ある意味車もファッションの一部。統一性がなければせっかくのおしゃれも台無しです。

もちろんトヨタのセダンであるSAIの魅力は見た目だけではありません。
先ほど書いた通り非常に快適な乗り心地。
まるで動いていることを忘れさせるくらい静かなエンジン音。
ふかふかのカーシート。
燃費だって抜群です。
我が家はSAIになってからというもの1か月のガソリン代が以前の半分になりました。
毎日車通勤の私にとってはうれしい限りです。
乗り心地の良さは運転する私自身も嬉しいですが、何より妻や子供が快適に過ごせてくれている様子を見るのが何よりの喜びです。
長距離の旅行の際、その道中を疲れた顔ではなく家族が笑顔になってくれる。
一家の大黒柱として、この車で家族をいろいろな楽しい場所に連れていけることに幸せを感じます。

とうとうレクサスに乗ることが出来ています。今、毎日がとても幸せです。

40台女性ですが、大の車好き人間です。18歳で免許を取得してからは、ずっとマイカーを持っています。

今まで乗ってきた車はざっと数えて6台になります。

私の拘りは、どの時代もセダン車が大好きです。今までそれは自分の中では変わる事がなく、次の車を購入する段階になると、まずその時代に流行っているセダン車のカタログを集めたり、試乗をさせてもらいに行きます。

特にここ数年はRV車の人気も出てきましたが、私の中で絶対的なエースはセダン車です。

今まで長く乗ってきた愛車はマークⅡ、クラウンでしたが、両方とも私に取ってはとても乗りやすく愛着があったので、なかなか手放す事が出来ませんでした。またクラウンに関しては2台乗り継ぎました。

今まで一台意外はすっとトヨタ車のセダンを乗り継いで来ましたが、私の中でいつ頃からでしょうか?レクサスに憧れを抱くようになりました。

最初は車道を走っているレクサスのフォルムに惹かれました。当然レクサスも私の中ではセダンが一番でしたが、レクサスのセダン車は私の中では別格に感じる事が多くなって来ました。そのフォルムのかっこ良さは当然のことながら、車の雰囲気は乗る人の品までも良くしてしまう感じがしたのです。

たまたま会社の上司もレクサスに乗ってる人が多くて、一度レクサスで送っていただいた事があり、やっぱり私の中でレクサスとなりました。

自分が今まで乗ってきたセダン車も負けている感じはありませんが、レクサスは私が乗りたいと思う車の理想を全て叶えてくれている気がしました。決して外車のようなギラギラ感もなく、どこか落ち着いていて、大人の男女を引き立ててくれる内装も今まで私が乗ってきた車とは一味も二味も違って見えました。

その時から次はとにかくレクサスだという私のなりの目標を掲げて仕事をしてきました・・・と言うか、常に頑張ってきました。

私の頑張りが遂に身を結ぶ時が来たのです。
貯金の目標額が貯まったので、レクサスのLSブラックカラーを遂に遂に購入しました。

車が私の家にやってきた日は勿論ドライブも1人で楽しみましたが、駐車場に止めて数時間車内で過しました。しかしマンションの住民の方に変な目で見られたので、後ろ髪を引かれて自宅に入りましたが、レクサスが私の家に来て半年が過ぎましたが、飽きるどころか、購入して良かったと思う日々です。

週末が来るのが待ち遠しくて、1人でもドライブ、恋人を誘ってもドライブ、友人を誘ってもドライブ・・・
結局週末は愛車レクサスと一緒です。

どんどん婚期を逃しているほど、レクサス狂いしています。

真珠肌 効果