輸入車を比較検討して、フォルクスワーゲンパサートを購入して満足

なんで日本の車って、ガンダムみたいなごっつい顔とフォルムをした車か、若ママが乗るようなワンボックスタイプの車か、とにかくたくさん人間が乗れればいいというワゴン車みたいな車しかないんでしょうか(偏見です)。
私のような家族は妻と2人だけで、別にアウトドアの趣味でもなく、いやらしい言い方ですがそれなりの可処分所得があって、人からは上品な人に見られたい、という見栄を持っている人間にとって、日本の車で乗りたいものが見つかりません。
それでずっとフォルクスワーゲンのゴルフに乗っていましたが、ちょっと会社で偉くなって収入が増えたので、ゴルフでは少し物足りなくなって、上位車種のセダンを探そうと思いました。(大きなワゴン車なんてもってのほかです)

 

一応念のため、日本車も考えましたが、日本の自動車メーカーの人には悪いんですが、乗りたいような上質な感じのする車がないんですよね。
真っ先に候補に挙がるのがレクサスでしょうが、この車に私は偏見を持っていて、それは土建屋の社長の車、ということなんですが、その偏見があるので候補から外しました。
ほかの日本車も一応はカタログを取り寄せてみましたが、ピンときませんでした。
それでやはり輸入車だろうということで、本体価格が400万円から500万円の予算で、輸入車のセダンをピックアップし、カタログを取り寄せ、これと思うものにはディーラーに行って試乗をしました。

 

乗った車としては、メルセデスベンツC200、アウディA3、フォルクスワーゲンパサートなどです。
BMWは顔があまり好きではないのと、知り合いの自分が嫌いな人が乗っているので外しました。
その市場の結果ともろもろの条件を総合的に判断して購入したのが、フォルクスワーゲンパサートです。
本体価格400万、総額450万です。
実は最後までベンツのC200と比較しましたが、同じような装備をオプションで付けるとベンツはパサートに対して200万円くらい価格がアップするので(さすがベンツ)断念しました。
(購入した後CLAが出て、もう少し安いので、これを待てばよかったかなという気も少しはあります)。

 

それで納車されてパサートオーナーになった気分は非常に上々です。
どうしても前乗っていたゴルフと比べてしまいますが、やはり社内のインテリアの上質さや、走りのスムーズさなどでゴルフよりもワンランク上のセダンです。
加えて、外観もベンツに負けない高級感と上品さで、私の見栄を十分に満足させてくれます。
フォルクスワーゲンパサートを購入してよかったと思います。

Asian Journeyがスタート!あいのりの動画はFOD!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です